スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最近はまってるもの

最近SSにはまってます。

SSってのは、二次創作とかショートストーリーを表すもので、
最近自分は「勇者・魔王」ものに嵌っています。

「勇者・魔王」ものはドラクエ的世界観を前提にして、
各作者さんが考えたお話です。

今回は、それなりに面白かったやつを3つ紹介しようかと思います。
暇でしょうがないからなんかない?って人は見てみるといいかと。

SSはプロの小説とかと比べると見劣りするところがありますが、
暇つぶしがてら電車とかで読むにはタダで手軽な丁度いい読み物だと思いますので。

では、早速一つ目

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」

通称「まおゆう」。2年くらいのヤツですが、SSのまとめスレ等でかなり流行ったヤツです。

86万文字、13スレ消費というとてつもない長さの物語です、
僕も1週間くらいかけて読んだ記憶があります。

この作品に魅力を感じる人は大体こんなんって分りやすく言ってた人の言葉を引用すると、

1)ハヤリの経済学に興味があって 
2)ノベルゲーム文体を読み解く素養があって 
3)萌えキャラ好き

という感じです。なので、こういうのが好きな人はハマる思います。

賛否両論激しく、方々で議論された作品です。
そのため、それなりに人を惹きつけ、批評できるレベルの作品であると思います。


それでは、次。残りの2つはまおゆうと比べると読みやすいです。

勇者「冒険の書が完結しない」

この物語は、冒険の書を完結させるために勇者達が四苦八苦する物語です。

ドラクエやった人なら分かると思いますが、スーファミ時代のドラクエは
ラスボスを倒したらセーブすることなくTHE ENDを迎えゴールし、次にゲームをプレイするときは
ラスボス前に最後にセーブしたところからスタートします。

そのスタートとゴールを勇者達登場人物の視点で進んでいくという感じです。

個人的には結構不気味で怖かったです。
けど、そんな不気味さが結構好きでした。


続いては、

勇者「魔王倒したし帰るか」

この物語は、RPGではご都合主義的に流されてるところに注目して勇者一行の旅を描いたものです。

・普通隣の街までは何日もかけて冒険するんじゃない?
・勇者達ってどうやって補給してるんだろう
・瀕死と完全な死去とはどう違うんだ

とかRPGやってて浮かぶ素朴な疑問を取り入れて話を進めています。

物語は終始暗く、結末はとてもじゃないですがハッピーエンドとは言えません。
現実感重視で、暗いストーリーが好きという人にはいいんじゃないですかね。


番外編

江頭2:50「勇者に会って来たんだよぉぉぉぉっ!」

エガちゃんが勇者一向のパーティに混ざった時の話を、ピーピピーのノリで進む話です。

作者いわく、~『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』のエガちゃんのフリートークを
題材にしたクロスオーバー系二次創作です。~とのことです。

エガちゃんが絡んでくるので、言うまでも無くコメディです。

再現度の高さから、作者がエガちゃん大好きだと感じさせます。


とまぁこんなところですね。

SSは地の文がないものが多く、上の4つも地の文はないです。
そのため、状況が良く分からなかったり、キャラに作者の思想を喋らせすぎる
ということも良く見られます。

けれども、作者達はその物語が好きで自分のストーリーを描きます。
オナニーでもいいから作る、そんな想いが僕は好きで、その中に面白い読み物が
あればなおよしという気持ちで見ればSSもそんなに悪くないものだと思います。

とはいっても、暇つぶしの枠からは出ないですけど。


今日はこんなもんですかね。
文章書くのって本当大変だと思いつつ、今日はおしまいです。

おつかれちゃーん
スポンサーサイト
日記 |トラックバック(0) |コメント(0)

それぞれの秋

立秋から一月強が過ぎ、一週間たらずで秋分の日を向かえる。
夜が昼より長くなり、一年の終わりに向けて瞬く間に時間が過ぎることとなる。

そんな青森は夏の暑さも鳴りを潜め、涼しい風もいよいよ吹くかという時分。
スポーツの秋・芸術の秋・読書の秋・食欲の秋と賑わい豊かになるのが楽しみになる。

どう楽しむかというのは難しい。秋の楽しみ方は人それぞれというのが適当で、
数ヶ月で満喫するには時間が足りない。

去年の僕はこの頃文化祭に向けて奔走していたし、5年前の僕は最後の大会に向けて
水泳に打ち込んでいた。
そうしている間にも季節は過ぎ、気付けば冬になっているというのが例年のことだ。

さて、そんな僕の今秋は、楽しみ3割頑張り7割といったところ。
楽しみは、遊び。
頑張りは、就職活動と卒業論文。

遊びはいつもどおり目いっぱい楽しむが、頑張りは見通しが立たないのが厄介。
見通しが立たないのはなかなかやっかいなもので、要領よく進めるのに弊害が出ている。

ただ、嫌なものではないと思う。
就職活動は、早く終わらせた方が楽ではある。けど、自分の人生を少しでも長く考えれると思えば悪くない。
卒業論文は、大学生活の集大成という分りやすいものがあるから進めるのが楽しみ。

という確認を。
面倒なものを嫌でなく有意義なものと捉えないようにしないと、
なかなか進めなくなってしまうのが僕なので。

冒頭に戻って、今秋の僕を例えるならば「模索の秋」といったところ。
秋のような賑わいや爽やかさはないけれども、今年はこんな秋を楽しもうと思う。
日記 |トラックバック(0) |コメント(0)

どこまでシリーズが増えるか楽しみなRPG

しんじとの会話でテイルズシリーズのジャンルを思い出してた。
が、上手いこと出てこず調べたくなった。

そんなわけで今回は俺得のテイルズジャンル一覧表です。
参照はウィキペディアです。公式見るのは面倒なので。


◎マザージップタイトル(本編、ナンバリングタイトルみたいなポジション)

□テイルズオブファンタジア
・SFC版…なし
・PS、GBA版…伝説のRPG
・PSP版…声が彩る、伝説のRPG

□テイルズオブデスティニー
・PS版…運命のRPG
・PS2版…運命という名のRPG
・PS2ディレクターズカット版…もうひとつの運命という名のRPG

□テイルズオブエターニア
・PS、PSP…永遠と絆のRPG

□テイルズオブデスティニー2
・PS2…運命を解き放つRPG

□テイルズオブシンフォニア
・GC、PS2…君と響きあうRPG

□テイルズオブリバース
・PS2、PSP…君が生まれ変わるRPG

□テイルズオブレジェンディア
・PS2…絆が伝説を紡ぎだすRPG

□テイルズオブジアビス
・PS2、3DS…生まれた意味を知るRPG

□テイルズオブイノセンス
・DS…想いを繋ぐRPG

□テイルズオブヴェスペリア
・箱○、PS3…「正義」を貫き通すRPG

□テイルズオブハーツ
・DS…心と出会うRPG

□テイルズオブグレイセス
・Wii、PS3…守る強さを知るRPG

□テイルズオブエクシリア
・PS3…揺るぎなき信念のRPG


◎エスコートタイトル(外伝)

□テイルズオブザテンペスト
・DS…魂を呼び覚ますRPG

□テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン
・GBC…ダンジョンRPG
・PSP…真実と向き合うRPG

□テイルズオブザワールド~サモナリーズリネージ~
・GBA…ファンタジーシミュレーションRPG

□テイルズオブシンフォニア-ラタトスクの騎士-
・Wii…響きあう心を信じるRPG

□テイルズオブザワールド なりきりダンジョン2
・GBA…コスプレRPG

□テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3
・GBA…コスプレS-RPG

□テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー1/2/3
・PSP…君のためのRPG


◎テイルズオブモバイル(モバイル)

□テイルズオブコモンズ
・変わりゆく世界 信じる想い 共に歩んでいくRPG

□テイルズオブヴァールハイト
・生きる意味を見つけるRPG

□テイルズオブザワールド マテリアルダンジョン
・着せ替えRPG

□テイルズオブファンタジアモバイル
・伝説のRPGが再び蘇る


つ・・・疲れた・・・
マザーシップタイトルとエスコートタイトルで別れてんのかよ。
誤算だった。

一番好きなのはヴェスペリアのやつかなー

けど、とりあえず増えすぎ。

ほんじゃ、髪きりに行くからこんなもんでー。
日記 |トラックバック(0) |コメント(2)

プロフィール

リッチー

Author:リッチー
CALENDERへようこそ!

twitter表示プラグイン

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。