スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

思うところをつらつらと。

少し長めのアルバイトから一夜開け、
両腕の筋肉痛に鍛えが足りないなぁと思う次第。

どうも、帰省中は運動不足、リッチーです。

最近、身近でBL関連の話題が多い。
とある先輩の影響でBLモノを見るのに抵抗がなくなってしまったのですが、
まだまだ抵抗があるようです。

話題が多いといいましたが、その内容は作品のモノではなく現実の話。

端的に言っちゃえば生物ですね。

やれどっちが受けでどっちが攻めやら、
二人で居たらどんなシチュエーションになるのかとか僕には異次元な話がポンポン出てきます。

さらに戸惑ってしまうのが、自分を対象に話をされてしまうときです。
普段から腐ったような話題を出す僕ですので、
そういった対象にされることは仕方ないかなぁと思いつつも中々コメントし辛いですね。

普段が普段だから甘んじて受け入れるべきかと半ば開き直りかけている自分ですが、
許容したらしたらで自分の中の大切な何かが崩れてしまうような気がします。

多分これは生涯大事にしなきゃいけなさそうなモノなので開き直るのはやめておきましょう。
あまり節操がないのもいけないですしね。

しかしウチのサークルは果たしてどこに行ってしまうのだろうか…?

このまま突っ走ってしまうのか、自分の姿を改めて見直すのか…

取り敢えず、新1年生に初っ端からこんな姿は見せたくないなと思うところですね。大事ですからね、第一印象って。

それにしても、これ以上大っぴらになるのは避けて欲しいですね。
少人数で集まって他人に聞こえないよう話してるならともかく、
公共の場で出してしまうのは流石に考え物だと感じます。

自分たちは良くても、周りの人がどう思うかは分かりませんからね。
まぁその辺りはウチのサークルなら大丈夫ですか。
行き過ぎてるようだったら指摘すればいいですしね。

そう言えば、
BLの対象にされる若者は少なくないと思うのですけれども、彼らはどうしているんでしょうね。

怒るのか諦めるのか好きにさせるのかウェルカムなのか。
4つ目はまずないと思うのですけれど、どうしたらいいか判断しかねるってところじゃないですかね。

明確な悪意がない以上おいそれと言うのは可哀想ですし。
もしかしたらなんで怒ってるのか理解できないかもしれないですしね。

ほんと、性欲って恐ろしい。
普段自分がかけてるリミッターを易々と外しますからね。

自分がその対象になるのはある種の恐怖ですよ。
男に迫られる女の子ってのはこんな感じなのかと思ってしまいます。

とまぁ、色々書き連ねていく内に自分の考えがまとまってきたので今日はこれでお終い。

それではみなさん、またお会いしましょう。
スポンサーサイト
日記 |トラックバック(0) |コメント(0)

文字数がオーバーしました。

こたつ座椅子で寝る日が多くなってきた。
最近はちゃんと布団で寝てたのになんてことだ、でもこれ気持ちいいんだよなぁ。

最近は筋少と突撃ラブハートがお気に入り、リッチーです。

今日は料理の話。
いや、レシピとかじゃないですよ。
簡単な料理作るのも難しいねーって話です。

普段は下宿住まいだから考えることもなかったんですけど、
3月はうちの下宿ご飯が出ない月でして、その間は自炊しないといけないんですよ。

まぁ料理なんて普段ロクにしないもんですから、
出来ることと言ったら炒める・煮る・焼くの3つで基本レパートリーは、
『とりあえず色々ぶち込んで鍋』
『焼きそば』
『うどん』
『野菜炒め』
と、とても簡素で素敵なことになっています。

もう一つ素敵なことに、味付けが毎回残念なくらい濃くなっちゃいます。
薄味が好みな俺としては、コレはちょっと と思って味薄くしようと頑張るんですけど、
今度は味がしなくなるんですよね。

ちょうどいい加減が分からないというか極端になってしまうというか、
3月入って美味しくものを作れた記憶がありません。

そんなわけで、自分で作っても満足できるモノがそう出来ないもんですから、
最近では料理を作ることがずいぶんと少なくなってしまいました。

毎食食べないなんてのはもちろん、1日1食であることも最近では少なくないです。

その一食も自分で作ることは殆どなく、ここ数日は、
『友達ん家でロールキャベツ』
『友達ん家で野菜スープ』
『スーパーで店屋物』
『なんか信じられないくらい味が濃い焼きそば』
『マクドのポテト』
という、全く生活力を感じさせないラインナップ。
我ながら、コレはないわぁ…と少し引いてしまうくらい。

流石にこの生活をずっと続けるのはまずいなぁと思いつつも、
3月は後一週間もないんだしこれでいっかというところに落ち着いてしまうのがリッチークオリティで。

気付いたら料理の話でも何でもない、リッチーの生活力のなさを綴るだけの日記になっちゃったのもリッチークオリティ。

料理の話って言えばなんか頑張ってる響きがして…
背伸びしたかったんだ…

そうそう、一つ告知を。
こんな状況のため、リッチーはご飯に誘ってくれる人を大募集しています。

外食は金が60円くらいしかないため出来ませんが、リッチーと一緒に作りたい・食べさせたいという酔狂な方が居ましたら是非。
炊事話し相手なんでもやります!
日記 |トラックバック(0) |コメント(2)

あの丘の向こう

タイトルは新メルアドから。
どうなるか予想も付かない、そういうものを目指して行くってとても素敵なことだと思うのです。

そんなこんなで久方ぶりの日記更新、リッチーです。
いや、半年くらい日記放置したこともあるし、一週間くらいなんてかわいいものか。

激変、といっては言い過ぎかもしれないけれども変化が多い一週間だった。
流石3月、流れが速い。

個人的には、これくらい時間の流れが速い方がいいんですよね。
これだけ早いと、やらなきゃいけないことややりたいことが次々と出て来るんですよ。
この中での生活は大変だし疲れるのですけれど、
その分やりがいというか生きがいというか、日々に刺激を受けるんですよね。

あれもしたい、これもしたい。
あぁ、あれやらなきゃ。けどこっちもやらなきゃいけない。

動いてる間は目が回るような思いをするのですけど、
家に帰って一息付いて、今日は寝ようと布団に入って目を瞑ると、
やってくるものがあるんですよ。

明日は何しよう。
これをどうやってやってやろうか。
今日はこれも出来たのに残念だ。
明日はどんな1日になんのか。
そんな期待と、少しの不安。

人によってはやることだらけの忙しくてしんどいだけの日々と思う人も居ると思うけれど、
これくらいの時間の速さは、面倒くさがりで自分に甘い俺にはピッタリだと感じる。
この2倍の速さになるって言ったら流石に考えるけど、
もしかしたらそれでちょうど面倒くさがらなくなるくらいかもしれないな。

社会人になっても、
や、社会人だからこそか。こんくらいでいきたいなー。

ちょっと話が突然か。
けど、2年の終わりともなると流石に就職意識するもんで、
どんな仕事に付きたいかなー、とも考えるわけです。

けど俺はやりたいこととか特にないから、どの業種に付きたいかとかあんまないんですよね。

巷では安定した職業が人気らしいですけど、そういう職業は俺に合わなさそう。

この激動の時代に安定してるってことは、
言い方は悪いけどこんな時代なのに流れに影響されないってことでしょ。
周りに影響されないってことはやることはいつも変わらないだろうし。

そういう仕事がダメとか言う気は皆目ないけれど、
こんな面白そうな時にいつもと同じことするのは俺に合わないだろうなーと思う。

うお、なんか脱線してる内に文字数に限りが。
独り言だし、まあいっか。

明日からは練習。
気張ってこー。
日記 |トラックバック(0) |コメント(0)

彼方より此処へ。

普段当たり前のようにあるものというのは、その大切さも貴重さもなかなか気付かないもので、
失ったり変わったりしてからその大切さに気付くことは往々にしてよくあります。

今回の上海旅行はそのことを僕に強く感じさせたように思います。

日本という国を日本以外の視点から、中国という国を中国国内からの視点から、
短い期間ながらもそれぞれみさせてもらいました。

特に、中国の人のエネルギーや貪欲なまでの結果主義を見せられると、
今中国が世界の中心になりつつある、というのが強く伝わってきました。

中国の大きさに圧倒されながらも、改めて日本という国を考えると普段注目してないことがハッキリと見えてきました。

それは、日本人は集団で力を発揮できるということです。

当たり前のように感じるかもしれませんが、案外すごいことです。
中国人は、超個人主義で超結果主義です。プロセスなんてものはありません。

自分が目指すものが本気でできると信じて、達成のために莫大な努力をそそぎ込みます。時にはルールから外れてでも結果を重視します。
中にはそうでない人も居ますが、13億人の内の多くが上を目指して努力するというのは凄まじい驚異です。

しかしその反面、彼らは他人と協力して物事に取り組むことが苦手です。
責任が自分に降りかかるのを回避しようとしたり、物事を極力自分の都合のいいように解釈するためチームで行動したり、集団でのゴールを目指そうという気持ち持つことが苦手です。

この様子を見たときに、日本人の協力気質というか、一丸になって取り組める姿勢というのがを強く感じさせられました。

普段行っているサークル活動やゼミでの活動。
これらの活動を思い出してみると、個人個人で事に取り組むという以上に、
互いを信頼し任せ任される・信じ信じ合うという隣国ではとても難しいことを平然と行い、そこから大きな力が生まれているということに気付きました。

1+1が5にも10にもなる、そんな体験が過去に多くあったことを思い出します。

日本は中国より遙かに人口が少ない国ですが、協力して物事を起こせばその強大な力にも負けないんじゃないかなぁと思います。

そして、国単位でなくもっとミクロな、自分の生活に深く関わるサークルやゼミなどでもそのことをより強く意識していきたいなぁと感じました。

特にサークル、これから新曲や祭りに向けての練習などでこの体験を生かしていければと決意を新たに取り組んでいきたいです。

色々と述べましたが、一つ注意を。
2つの国を折り合いに出して話しましたが、
『こうだから日本はダメ』とか
『こうだから中国はいい』とか言うつもりは全くありません。

そんなカテゴリーに分けてモノを語ったところで結局は人それぞれという話に落ち着きますし、
誰かがどこそこに所属してるからなんだというのはナンセンスな話だと個人的には思います。
(言う割にはたまに失念して失礼なことを言ったりと反省が多い人生送ってますが…)

この日記だって誰かに何かを伝えたくて書いてるわけではありません。
読みたい人は読めばいいと思うし、それでなにを感じようと考えようと、その人の自由だと思います。

要するに、この日記は僕の意見や思想を押しつけるものではないということですね。

個人的には当たり前のことだと思ってますが、こういう話をするときは勘違いがないよう必ず付けるようにしているので例に漏れず付け足しました。

あっちの日記でも何回か書いた記憶がありますしね。

久々に長々と書いてしまったように思います。
もっと書きたいのですが、やらなきゃいけないこともあるので今日はこの辺で。

そうそう、話聞いてやってもいいぜという酔狂な方がいらっしゃいましたら中国の話とか聞いてやって下さい。

珍しく人に話したくてしょうがない体験だったので。

それじゃ、明日からは振り付けづくり。
ボチボチ頑張っていきましょうかー。
日記 |トラックバック(0) |コメント(1)

旅のしおり(個人編)

自分用に日程メモ。
ちゃんと纏めておかないとキツそうなので。

3月6日
10時起床
11時チェックアウト
11時30分牛タン屋太助
11時15分迄 太助出発
12時27分 地下鉄富沢行 前から2か4両目
12時38分 JR仙台空港行き長町発
13時04分 仙台空港着

3月6日~3月10日上海

3月10日
14:25 帰国
14:51 仙台行き発
15:58 仙石線石巻行発
16:33 松島海岸着 1時間半自由時間
18:05 仙石線あおば通行
乗り継いで仙台から盛岡へ
22:11 盛岡着 ネカフェへ
22:30頃 ネカフェ着 空いてることを祈る
翌7時30分 出発 ガストで時間つぶしor盛岡観光

8:10・9:40・11:34・13:40いずれかのバスに乗り青森へ

再遅でも3月11日の午後5時には青森着くっぽいな。

鬼門は牛タン屋から早くでれるかと、盛岡行きの電車に遅延が出ないことか。
ここは運ゲーっぽいからうまく行くことを祈ってよう。

青葉城行きたかったけど、天気や時間の都合で断念。
またどっかで機会を見つけよう。

盛岡観光するか迷いどころだな。
文学好きな人は楽しめそうだけど、俺はさして知識もないからなぁ。

よし、観光は晴れてたらしよう。
雨だったらすぐ帰る。

うーん、こんなもんかなぁ。

なんか上海旅行の筈が国内旅行も兼ねてる訳わかんないツアーになってきたなー。

ま、なんにせよ楽しみだ。
ほんじゃそろそろ風呂はいって寝ようかな。
それでは皆さん、また日本で会いましょう。
日記 |トラックバック(0) |コメント(1)

しっちゃかめっちゃか

ニュー携帯をゲット。
いい加減ボロボロになってたから、壊れる前にと思って。

どうせ変えるならと思って操作感がだいぶ違うのにしたんだけど、メール一通打つにも大変な苦労。
絵文字とか使ってる余裕ない、普段から使わないけども。

そんなこんなで上海旅行に向けて浜松でました、リッチーです。

昨日から、出発準備でてんやわんや。
あっち行ったりこっち行ったり、メールの返信も対してできなかった。
返せなかったみんなに申し訳ない。


ようやく落ち着いた電車の中でペチペチ返信したり日記書いたりしてる。

5時まで電車乗ってるから、こうして日記書くと結構な時間つぶしになっていい。

文字のうち間違いが多すぎて血管ブチ切れそうになりながらだけど。

あ、そろそろ乗り換えか。

そんじゃちょっと区切り悪いけど今日はこれでお終い。

あー、うち疲れたー。
日記 |トラックバック(0) |コメント(1)

R―21

八時くらいから始まった今日の飲み、ついに一人になりました。

いつもは俺が先に寝ちゃうんだけど、今日は珍しくしんじが先。
今からは残された安酒と共に一人酒と洒落込もうと思う。

飲みながらの更新は久しぶり、どうもブルーです。

酒が回った時というのはどうも昔のことを思い出すようで、
頭に巡るのは最近から昔のことだったりする。

特に思い出すのは最近の話なわけで、特に今さっきの話がとみに思い出される。

しんじとサシ飲みの恒例となったこの飲み会、
今日の主役は浦霞という宮城の日本酒。
少しフルーティと言うか良い日本酒が持ってる味と、後味が爽やかなお酒だったんだけど、
俺の好みに合ってて、本当にいい酒だった。

詳細は書いてもしょうがないので割愛するけれども、
やっぱり浜松帰ってきて良かったなって思ういい酒だったと思う。

いやぁ、やっぱりいいね、これは。

だったと言うのももちろん理由があるわけで、
残念なことに今俺が飲んでいる酒は残念なことこの上ないもんだったりする。

浦霞の一升瓶が早々となくなった俺たちは意気揚々とサークルKに向かったわけだけど、
そこにあったのは意表を突くほどの安酒だった。

「奥飛騨」っていうパック酒なんだけど、これがまた不味い。
いや、モノに向かってそうそうと不味いと言うもんじゃないけどコレは不味い。

相対的に言ってさっき飲んだ浦霞が上等すぎるのが問題なのかもしれないけど、
それを加味しても余りある残念さがこの酒にはあると思う。

大学では集団で飲むことが多いから酒の味にはあまりこだわらないようにしてるけれども、
サシ飲みの、しかも美味い酒を飲んだ後となるとまったく違う意味になる。

どうしてもさっき飲んだいい酒と比べてしまう。
口に入れた瞬間の風味・舌で舐めた感じ・後味とまったくいいところがない。

さわやかのげんこつハンバーグを食べた後に、
サイゼリアのよく分からんハンバーグを食べた時のようなものを感じる。
それほどに残念だ。

そして、今この酒を相手取るのはこの俺。
興味がある音楽聞きながらそれなりに酒を楽しんでるけれども、
やっぱり限界がある。

キツくなるその時まで、のんびりしようと思って打ったのがこの日記。
しかし、いよいよ俺にも眠気がきた。

そろそろ限界、、もとい小休止の時が来たようだから、今日はこれで締めようと思う。

好き放題で失礼、それではお休みさーん。
日記 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

リッチー

Author:リッチー
CALENDERへようこそ!

twitter表示プラグイン

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。